精神疾患がある女性は、婚カツをしたほうがよいのでしょうか。

こんにちわ。私は精神疾患があるアラフォー女性です。それに、バツイチです。あまり、ばりばりとは働けません。今、なやんでいることがあります。精神疾患がある女性は、婚カツをしたほうがよいのでしょうか。したほうがよい気もしますが、くたびれそうな気もします。

20 Responses to “精神疾患がある女性は、婚カツをしたほうがよいのでしょうか。”

  1. イツミ より:

    婚活するかしないかに精神疾患は関係ないと思いますよ。ただ、婚活の際にはその疾患を隠してはいけないと思います。そういう問題を受け入れられる人とそうでない人がいますので。

  2. チェック より:

    結婚したいのであれば、婚活することもよいかもしれませんね。
    精神疾患の程度がわかりませんが、理解のあるお相手と出会うこともあるかもしれません。

    ただ、偏見のある方もいるので、しっかり信用出来てから疾患の事を打ち明けたほうが、むやみに傷つけらることが少ないかもしれません。

    結婚願望がないのであれば、無理に婚活する必要はありませんよ。

  3. ななこ より:

    自分が結婚を積極的に考えているかどうかだと思います。
    再婚したいのであれば、婚活は出会いの場ですし、利用してもいいかと思います。
    一度試してみて、自分に合わないと思えばそれっきりにもできますよ。

  4. sawa より:

    私も精神的に病気を抱えているアラフォー女性ですが、好きなように自由に生きています。くたびれそうなときは自分のペースでいいと思いますよ。悩んでるときはテレビで映画を見て泣いてストレスを解消するのもよし、運動したり、買い物もいいと思います。あとおいしい物を食べるのもいいと思います。

  5. かじゅ より:

    日常生活の中で出会いがあればいいのですが、今は難しい世の中ですよね。自然に出会って、分かり合えれば言うことありませんが、精神疾患があるとわかった時に相手がどうするか、不安で仕方ないですよね。でも、最初から分かったうえで交際出来たらいいことだと思います。
    結婚願望があるならば、一度トライしてみてもいいかもしれません。何事も経験だと思いますよ。

  6. balalaikaheaven より:

    私も44歳で精神疾患で通院しています。発症は25歳からです。私はバツ2で、今は3回目の結婚生活を送っていますが、気持ちとてもわかります。私は正直今は一人が楽だと思っています、何故か?旦那がいるとやはり自分以外のやる事があって、それが億劫でたまりません、寝たい時に眠れなくてイライラしたり、私の場合は結婚生活は合わないと思っています。でももうこの歳になると気力もなくなって諦めて生活しています、旦那は病気に対して理解しようとしてくれてますが、やはり病気になった人にしかわからない病気だから旦那もどう対応していいかわからないと言った事もあります。一人だとさみしい、こころぼそい心細いと思いますが。私はなんとかわかってくれる方を見つけて幸せになってほしいと思います。お互い知らない方とはいえ同じ空の下一緒にゆっくり進んでいきましょうね。

  7. あやか より:

    あなたが結婚をしたいかどうかですよ。結婚をして夫婦生活を送りたいのであれば、婚カツしてもいいと思います。でも、決して病気の事を隠してはダメだと思います。全て受け入れてくれる人を見つけるためです。

  8. よこりんご より:

    婚活する、しないは自分次第だと思います。
    私自身、婚活パーティーに参加したことが何度かありますが気を遣いすぎて終わるころにはどっと疲れが出ました。
    ただ、とりあえず一回試してもいいかもしれませんね。
    どういう雰囲気なのか、どんな相手がいるのか分かりますよ!

    でもご自身の心と体をまずは大事にしてほしいとも思いました。

  9. dragon より:

    婚活をしてもしなくても、自分次第で素晴らしい人生になると私は信じています。ただ精神的に苦しい状態の時に信頼できるパートナーがいてくれるならそれは素晴らしい人生になっていくのだと思います。

  10. 美助 より:

    結婚がしたいのならば婚カツしましょう!結婚や、婚カツそれ自体がストレスになるようなら、やめた方が良いかも。婚カツする場合は、最初から隠さずさらけ出してください。受け入れてくれる男性にきっとめぐりあえますよ。

  11. うめぴ より:

    精神疾患を持っているからといって婚活をしないといけないということはないですよ。
    私は発達障害と精神疾患持っていますけど、婚活しなくても自由に生きていますよ。必ずしも結婚がゴールではないと思うので、自分が納得いく生き方をしてみたらいいのではないでしょうか

  12. くまどん より:

    精神疾患の方でも婚カツしても大丈夫だと思いますよ。
    あえらずに自分のペースでやっていけばできると思います。
    あとは自分結婚したい!というの意志です。
    恐れずにトライ仕してみて下さい。

  13. たかあゆ より:

    婚活する前に精神疾患があると自覚しているのならば、それを改善するためにまずは精神科にかかった方がいいと思います。
    精神疾患があると婚活してもお相手は見つかりませんよ。

  14. みこすけ より:

    精神疾患は私の母もそうなので、本当に大変な日々をお過ごしかと思います。婚カツは主さんが結婚されたかったら、どんどん参加されて良いのではと思います。恋愛すると元気になりますもんね。新しい出逢いもありますし。
    私の母は地味ですが、テレビドラマにハマって少しずつ笑顔を見せてくれるようになりましたよ。

  15. みるきー より:

    結婚したいのであれば、婚活したらいいし、それは精神疾患には関係ないと思います。受け入れてくれる人はいると思うので、そういう人と出会えるといいですね! しかし、無理にする必要はないと思います。生活厳しいからーとか、誰かいないと生きていけないから乗り気じゃないけどそうするしかないかなー?とかお考えでしたら、病気の方もいい方向に向かわないと思うのでおすすめしないです!

  16. すずこ より:

    バリバリとは働けなくても精神疾患を抱えながらも働いているならば大したものです。
    あなたは結婚をしたいのでしょうか?
    もししたいならばすればいいですし、したくないならする必要はありません。
    もしするならば病気のことは隠さないほうがよいと思います。
    ちゃんと病気のことを理解してくれる方と一緒にならないとあなたが苦しむだけですからね。

  17. 五月雨 より:

    まず第一人に結婚をしたいという事と、精神疾患は繋がってはいないという認識をもってほしいです。
    どんな方法であれ、ありのままのあなたを受け入れてくれる方と結婚するべきですから、方法関係ないからです。
    ただ、知り合いで良いかたがいないと中々出会うのも難しいですし、闇雲に出会いを求めると痛い目に合う可能性も否定出来ませんし、婚カツより無駄な労力がかかるかもしれません。
    婚カツで、キチンとご自分の状態を把握した上で紹介されるようなところであれば疲れることなく出会える可能性もあるかなとは思います。
    それぞれ一丁一旦あるので、ご自分にあう方法を考えてみていただくと良いかとおもいます。

  18. 水玉 より:

    結婚したいなら婚カツをしてもいいと思いますよ。
    まずは、自分の気持ちに正直になったほうがいいです。
    相手の方がその精神疾患に理解ある方がいいと思うので、そういう方ができて話せるようなら話してみて理解がない方なら次の方を探したほうがいいと思います。

  19. wee より:

    精神疾患があるから、婚活をしてはいけないとことはありません。ただ、中々理解してくれる方に巡り合うまでは時間が掛かるかもしれません。それでも、やってみたいというお気持ちがあるなら、やってみては如何でしょうか。

  20. すいか より:

    私は20歳で精神障碍者になり認定されて現在44歳です。4度目の結婚しています。今の主人は何もかもを受け止めてくれたうえでの結婚でした。子供は2番目の主人の子です。自立していますが。この病気を理解できる人って受け止めてくれる人って、なかなか居てませんよね。でも、ゆっくりで良いんです。あなたが幸せになれるなら少しでも理解してもらえて抱きしめてもらえるのなら結婚も考えてみても良いかもしれませんね。でも私は病気からは逃れることはできませんでしたけど理解してくれる人が一人できたことに感謝しています。

コメントを残す

このページの先頭へ