娘さんが発達障害、またはご自身が発達障害で困ったこと、またはその解決策を教えてください。

娘さんが発達障害、またはご自身が発達障害で困ったこと、またはその解決策を教えてください。
特に、家族関係や金銭トラブルなどについて皆さんの意見をお聞かせください。

19 Responses to “娘さんが発達障害、またはご自身が発達障害で困ったこと、またはその解決策を教えてください。”

  1. フーハム より:

    私です。あなたか娘さんかおいくつかなのか障害の重さなど分かりませんが、早い段階で養育機関へ連れて行かないとしんどい思いをするのは本人含めて育ててる人も大変です。少しでも怪しあと思ったら然るべき所は受診してください。遅くなると家族崩壊する可能性も出てきます。

  2. ほの より:

    自身がADHD疑いの者です。
    時間の逆算が苦手なのとぎりぎりに行動しがちなため、遅刻が多いです。
    アナログ時計を購入してからは時間が分かりやすくなり、遅刻が減りました。スマートフォンの表示もアナログ時計のにしてます。
    他にも、乗り換えのアプリを毎回使ったり、30分前到着を心掛けたり…。
    ちなみにお金の計算も苦手です。レジ打ちのバイトで失敗続きだったり、家計の管理ができてなくて生活費が足りなくなったり。衝動買いも多いです。
    家計簿を細かくつけるのは面倒なので、こちらもアプリで管理してます。少なくとも衝動買いは減りました。

  3. ココ より:

    親戚が発達障害です。
    私の家族のみんなはほとんど大人の大きな心なのでその子のことは優しく可愛がっています。やはり、周りのサポートはとても心強いと思います。サポートしてくれない人は親戚でも容赦なく避けるといいと思います。

  4. すみすみ より:

    知り合いのお子さんが自閉症でした。
    コミュニケーションが取れないし、こだわりが強く、何かが気に入らないとずっと叫ぶので、気が休まらないし、つらいと言っていました。
    旦那さんはそんな子供と嫁を直視できなかったのか、仕事といってなかなか帰ってこなくなり、そのうちに離婚。
    今は実家で、親御さんの援助を受けながら、たまに預かってくれる施設を利用したりして、親子二人で頑張っているようです。

  5. もかこ より:

    発達障害の不注意優勢型です。
    自分が発達障害ということは大人になってから知りました。
    小さい頃から怒られたり大人になっても異常なうっかりミスばかりで、いつも自分を責めました。
    しかし、病気だと知って、その病気の理解を深めることで自分の得意不得意を判別し、強く責めて自分を嫌いになることも減りました。
    病気を早く知れただけで、だいぶ楽になります自分に合った生き方を見つけられますから

  6. いずん より:

    息子がADHDと自閉症スペクトラム症です。
    お金の事は我が家も散々困りました。
    親の財布から取ったり、妹の貯金箱から取ったり。
    警察に相談したり、学校や学校にいるカウンセラー、発達でかかってる主治医の先生、児童相談所等思い付く場所には全て相談し我が家は財布を常に身につける事で対策しました。そして財布に5000円以上のお金を入れない、財布にバレてるよ、本当にいいの?等言葉書いた付箋を貼ったりしました。
    10回のおねだりのうち一回は本人が欲しいお菓子やカードを買ってストレスがたまらないようにしてモチベーションも保てる様にしてました。家族関係は今も大変で施設を利用しています。

  7. いずん より:

    娘ががADHD、自閉症スペクトラム症です。
    お金を事は我が家も散々困りました。
    我慢をしたりするのが苦手で、先読めないので私の財布から取ったりするのは日常茶飯事でした。
    色んな機関に相談しても解決にはならず、我が家では財布を肌身離さず持ち歩き、財布には5000円以上入れない、バレてるよ、本当にいいの?等言葉を書いた付箋を貼ったりして対処しました。

  8. aquamarine より:

    娘が自閉症スペクトラムです。
    家族関係で困ったことは、『うちの血筋じゃない』と祖母が言い出し、主人を嫌う母がその暴言に同意したことでしょうか。
    父は蝙蝠体質で強い方につき、その度々で意見を変えるのでたよりにはなりませんし、祖父はすでに亡くなっていました。
    誰も助けてはくれない状況で、悩んだ結果、暴言を吐く人たちの前で本当に悲しみ悩む演技をしました。
    相談と称して泣きながら親族に相談したりと、暴言を吐いている人たちの立場が悪くなるよう動きました。
    言っても聞かないんだから、周りを固めるしかありません。
    結果、主人や子を貶すこともなくなりましたよ。

  9. srys1013 より:

    娘が発達障害です。小さい頃は癇癪がひどく偏食もひどく、いきなりスイッチが入って泣き叫んだり、その逆で『ここで!?』と言うようなところで爆笑し始めたり、衣服へのこだわりや色へのこだわりも強く本当に大変でした。解決策としては癇癪が起こった場合は直ちにその原因となるものや場所から遠ざける、偏食に関してはわざと多目にいれて『1つだけ食べれたらいいよ』ということにし、泣き叫ぶ・爆笑に関しては直ちにその場から離し、衣服へのこだわりについては必ず試着させ本人が納得する衣服を買い、色へのこだわりについてはなるべく本人の希望に添える、しかしどうしてもその色のものがない場合には一緒に探し、無いということを本人に認識させることで折り合いをつけれるようにしました。発達障害の子育ては本当に大変ですが、一つ一つしっかりと対応してあげれば落ち着いて生活できますので頑張って下さいね♪

  10. ユウ より:

    元同僚がそうでした。一緒に働いていて、どうも、おかしいと上司の付き添いで病院受診をし、発達障害と診断されたようです。20代前半で10社以上、クビになっていた様で、本人から『どこの職場でも、必ずいじめられたんです。いつも怒られていました』と話が聞かれていました。親御さんに事実を伝えても、認めず
    大騒ぎになってしまい、結局、会社を辞めました。本人は発達障害だとショックは受けていない様でしたが、親御さんの理解が得られないというのも、何だか辛い思いがします。結局、彼女の人生は同じ事の繰り返しになってしまい、必要なサポートを受けていないのでは無いかと今でも気掛かりです。

  11. まゆまゆ より:

    長女が発達障害です。自閉症も併発しており中3になった今、転入した特別支援学校にも先生とのトラブルで行けなくなってしまい現在これからどうしたらいいか頭が痛い状態です。小さい時から大変でしたが大きくなるにつれて障害特有の生きづらさが浮き彫りになってきて、家族も振り回されてしまっています。

  12. ゆっけ より:

    私もそうなんじゃないかなーと思いながらも、どうにもしてこなかった者です。ある程度大人になって、働き始めたら、お金や簡単な計算、会話を聞きながらの作業(聞きながらメモ取ったり、入力したり)が上手く出来なかったりでレジや飲食のホール、データ入力などミスばかりでやっていけず、大人になる程生きづらくなりました。ほんと早いうちになんとかしとけば良かったと思います…

  13. もちこ より:

    私の姉が発達障害を持っています。
    姉のことは大好きですがやっぱり周りの人と違うので学生時代の時はその部分で辛いことがありました。
    中学までは地元の学校に行ってましたが、高校からは姉と同じような人が集まる学校に行きましたが楽しそうに過ごしてたのでいじめとかなく、安心しました。

  14. まい より:

    とにかくサポーターが障害者の方に寄り添っていくしかないのかな、と思います。
    その場が良ければ良い、という子で、よくお金を使い切っては私にせびります。
    なので、通帳から引き出せない様にしました。
    手荒ですが、こういった手段も必要になってくると思います。

  15. なつさん より:

    夫と息子が発達障害とわかりました。息子は小学生1年生なので、参考になるかわかりませんが、夫がアスペルガーなので、悪気なくきつい暴言を吐いたりするので、息子は純粋にこれは普通なのだと理解してしまうなどの悪循環がありますが、発達障害の人は基本的に相手の気持ちを理解しにくい性質がありますが、息子には、「なぜ?ダメなのか?」とか、一つ一つをかみ砕いて説明するより、簡潔に説明する癖をつけていました。人の迷惑になることはしない。
    人の物を取ってはいけない。たたいてはいけない。など、簡単に注意することです。なぜダメなのか説明は、長くなると話に集中できないので、聞かれたら説明します。
    発達障害にもいろんな種類がありますので、一概には言えませんが個性として、良い部分をたくさん伸ばしてあげていきたいですね。

  16. ラムチョップ より:

    私自身障害があるわけでも家族に障害があるわけでもありませんが、知り合いに発達障害の方がいらっしゃいます。その方は小学校に入るまでうまく喋ることができなかったけれど、小学校で言葉の教室に通い、喋れるようになったとおっしゃっていました。それから知人は、誰よりも明るく皆と会話しています。誰かの力が必要なのは事実です。でも知人は誰よりも元気に過ごしています。

  17. a68svk1 より:

    私は知的障害者の施設で、働いています。発達障害の傾向、特性というのは人によって様々です。周囲の関わり方が変われば、本人は生活しやすくなります。どこの市にも障害福祉課というものがあり、関係機関に繋いでもらい支援方法の相談にものってもらえます。金銭管理ができない場合も、金銭管理を手伝ってくれる機関も存在します。

  18. みんと より:

    私の高校生の息子も幼稚園の時に高機能自閉症だと診断を受けました。息子の場合は軽度なので、小学生の時には特別支援教室に通っていましたが、中学生から普通教室で授業を受けるようになり、高校は受験をして進学校へ通っています。
    学習面では問題が無いと言われていますが、情緒面で興奮すると押さえられない部分もあるので、今現在も問題を抱えている状態ですが、少し離れた感じで見守りつつ、一緒に問題をクリアしている感じです。

  19. sana より:

    以前専門職として、発達障害の方の支援をしておりました。
    軽度の知的障がいがあるものの、母親などご家族が、本人の障害を受け入れられておらず、必要な支援や療育を受けさせていない例がありました。
    本人はできない自分を責めてしまうし、ご家族はもっと学校(普通学級)で対応できるはずと、周りの環境とぶつかり、誰も幸せにならない状況は苦しく感じました。
    ありのままの状況を認める、受け入れるというのは難しいこともありますが、現状を受け止め、必要な支援を受けるのが幸せにつながると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ