妊活して、無事妊娠した方に質問です。ずばり、何に気をつけて何をしていましたか?

妊活して、無事妊娠した方に質問です。ずばり、何に気をつけて何をしていましたか?
食生活や、タイミングの取り方など
どんな情報でも良いので教えてください。

74 Responses to “妊活して、無事妊娠した方に質問です。ずばり、何に気をつけて何をしていましたか?”

  1. まあち より:

    冷え性は特に良くないとの事でしたので、毎朝飲める日は白湯を飲み、喉が渇いたらルイボスティーを飲んでいました。身体を温めることが一番大切だそうです。

  2. たまこ より:

    偶然かもしれませんが、体を冷やさないようにしたことです。
    もともと冷え性で冬だと寒くて寝れないことがほぼ毎日…。
    ただ、まだ秋に差し掛かったときに美容のために体温をあげようと寒くなくても腹巻きをするようにしたら、スムーズに妊娠できました♪

  3. みーくん より:

    素人ではわからない部分があったので、まずは病院に行き、検査をしました。
    自分の身体の状況をきちんと把握して、タイミング方を、医師に進められ、基礎体温を計り、タイミング方を3回程試しました。お金はかかりますが時間が経過するとストレスになるので、まずは病院をオススメします。諦めかけタイミング方から次のステップに進もうとしている時に授かりました。焦ったりストレスが溜まらないように、早めにプロにアドバイスをもらい、他は普通の生活をする事を心がけていました。

  4. みみりん より:

    中々妊娠出来ないし人は、流産しやすいと聞いた事があったので、仕事はそのまま続けましたが、家での家事分担を少なくして、睡眠を多くとったり、疲れたら休憩をとり、無理なく過ごすよう気をつけました。食べ物では、葉酸が良いと聞いたので、葉酸のサプリメントを飲んだり、葉酸の入った食材を摂るように心がけました。

  5. あず太郎 より:

    ネットで排卵期に食べたら効果のある物、アボカドやグレープフルーツなど食べていました。毎日ルイボスティーも欠かさず飲んでいて、体は冷やさない様に心がけていました。

  6. kumizou より:

    こんにちは。私は不妊症予防の食事や基礎体温を計り、タイミング法で妊活して、2人の妊娠しました。1番はリラックスしてストレスを溜めないことが1番だと思います!焦らずマイペースに妊活することが赤ちゃんを授かる秘訣かもしれません。

  7. パグコ より:

    私は妊活の為、やったことは冷えないようにしてました。温泉に週1のペースで行ってました。あとは、婦人科に通って先生がおっしゃる事を
    きちんと聞いて実行していました。

  8. かぴちゅ より:

    ずばり気をつける事はありません。
    欲しい欲しいと思う気持ちが邪魔をするものです。
    気持ちの問題?と思うかもしれませんが1番関わりのあることです。
    子供は授かりものです。心に余裕をもって迎えましょう。

  9. コタ より:

    排卵日が今日だからこの辺りで、と旦那に言うと義務になってしまいそうだったので、私は排卵日などばっちり把握していましたが、相手には悟られないように普段からなるべくするように空気作りをしていました。

  10. ゆマち より:

    私は、まずストレスをなるべく溜めないことを一番気をつけていました。

    仕事等での疲れやストレスがホルモンに一番悪い影響を与えると聞いたからです。
    疲れを取るために湯船にゆっくりと浸かったり、ストレス発散として自分の趣味に時間を使ったりしていました。

    そのおかげか無事妊活8ヶ月で妊娠することが出来ました!

  11. おり より:

    参考にならないかもしれませんが、妊活を止めたらできました。(笑)タイミングや飲食など毎回気をつけてはレディースデイが着てしまうと落ち込むということが何度もあり精神的にも参っていたので妊活のためにしていたことをすべて止めたら妊娠発覚。妊活に一番大事なのはノンストレスなのかもしれません。無事に妊娠しますように。

  12. マスクマン より:

    食生活は一日最低1敗は体を温めるものを飲むことを徹底しました。細かいこと(カフェインなど)は気にせず、その日飲みたいものをチョイスして飲むだけです。ストレスも溜まらず、結果的に良かったですよ!

  13. もね より:

    サプリ、食事、生活習慣、いろんなことに気をつけていた時期もあったのですが
    もういいや。と全て諦めかけていた頃に妊娠することができました。
    妊娠に向かう気持ちも大切ですが、自分の心に余裕を持たないと体も伴わないのだとおもいます。
    なので自分の体を追い込んだりしない方が良いと思います。

  14. かずきち より:

    一番気をつけていたことは冷えです。私は冷え性で体温も35度後半でした。体を冷やさない服やヨガ、毎日入浴、温かい飲み物に替えたことです。他には、妊活に良いとされる食べ物(リコピン、アーモンド、葉酸など)を毎日食べるようし、お菓子などの嗜好品は控えました。

  15. あみち より:

    抗酸化作用がある、ルイボスティーを飲むようにしていました。水出しルイボスティーにしたり、温かいルイボスティーにして毎日飲んでいました。子宮がフカフカになるように願いながら飲んでいました。

  16. まり より:

    栄養面に気をつけましたが、食事だけでは難しいので、サプリメントで葉酸やビタミンなど補いました。また、カフェインを取りすぎないようにしたり、お茶をルイボスティーに変えてみたことで妊娠できました。

  17. ふみりや より:

    私も妊娠希望で妊活中ですが、ルイボスティーが良いと聞いて積極的に飲んでいます。また、冷えは良くないので常に身体を温めるように。後は毎日基礎体温を測ってタイミングを図っている最中です。基礎体温測ると排卵期が分かりやすいので良いと思います。

  18. jenda より:

    40代で出産しました。高齢出産でしたが、無事に元気な子が産まれました。私がしていた事は適度な運動と野菜多目の食事を取る事です。インスタントやお惣菜、冷凍食品は食べませんでした。妊活には身体を作る事が大切です。

  19. riiii より:

    旦那を追い込まないことです。
    妊娠のためだけの行為として行うと
    虚しくなるみたいで、行為が途中で終わったりすることも多々ありました。基礎体温をつけるのも大切ですが、旦那の自然な性欲に任せるのも1つだと思います。
    あと葉酸を飲んでいました!
    ルイボスティーも良いも聞きます。

  20. マナマイ より:

    私は今日という風にとらわれず、できる限り可能な日はタイミングを取るようにしていました。また、義務的に行うのではなく、お互いが子供を作るためという概念を捨てて2人の時間を楽しむようにしました。

  21. ころころ より:

    毎朝、決まった時間に体温をはかり、基礎体温がいつ高くなるかなどを表に書いていました。基礎体温が高くなると、排卵期が終わったサインになるので、あがるタイミングなどをはかって妊娠しやすいときを狙って準備しました。

  22. monchi より:

    私は妊活を始めてから、ザクロが良いと聞いて毎日ミチョのザクロを飲むようにしていました。あと、男の人は今日が排卵日だから…と言うような義務的な感じはプレッシャーになるようなので、なるべくそういう事は言わないようにしていました。
    その代わりコミュニケーションを増やしたり、雰囲気作りを大切にしました。

  23. さくらんぼまま より:

    3人の子供がいますが、2回とも不妊治療をしました。下の子は双子です。
    上の子のときは治療をして自然妊娠、下の双子は8回の人工受精で妊娠しました。
    色々大変な思いをしましたが、一番大切なことは、焦ったり他の人と比べたりせずに穏やかな気持ちでいること、もしくは、そればかりに気持ちが行き過ぎますが、ほかのことを楽しむなどして忘れるくらいが丁度いいと思います。

  24. スナメリ より:

    婦人科に通院しながらタイミングをとりました。
    日常生活では、葉酸のサプリを取ることと、特に下半身を冷やさないようにポカポカにしていました。 冷たい飲み物も、あまり飲まず、常温もしくは温めた飲み物にしていました。

  25. みかん より:

    私は生理不順だったのでタイミングがほぼわからずの状態でしたので、週二のペースで行っていました。そして行為後すぐは動かずに30分くらいそのまま横になっていました(^^)

  26. ゆみ より:

    妊活を初めて3ヶ月で妊娠をしました。思ったより早かったのでビックリしました。携帯のアプリを使って排卵日を分かるようにしていました。排卵日が来てからでは遅いて聞いたので、排卵日の5日前前後、2日前でタイミングを図ってました。友達は、排卵検査薬を使って二人妊娠しました。私も今回出来なかったら使ってみようと思っていました。食べ物に関しては、葉酸を飲むくらいで他は好きにしていました。

  27. ちはちは より:

    基礎体温を計っていました。また、排卵日と仲良し日は色んな説があるのでとにかくその近辺に数回タイミングをとりました。
    食生活については、暴飲暴食や偏った食事をしない程度で特に気にしていませんでした。葉酸のサプリは飲んでいました。

  28. 19a28 より:

    妊活半年で子どもを授かりました。
    結婚式も終えて、早く子どもが欲しかったので主人とタイミングを取るようにしましたが、なかなか上手くいかずでした。試した方法は…
    ①排卵検査薬を使ったタイミング法

    排卵検査薬は海外からの簡易的なものを大量購入し惜しみなく使いました。1日2回検査し排卵前を狙いました。最終的にはこの方法で授かったと思います。

    ②鍼治療
    妊娠を促すとうたった鍼灸院に1ヶ月通いました。これらが効果があったかは分かりませんが、リラックスは出来ました。お金は結構かかりました。

    ③食生活
    バランスよく食べることを意識するだけでなく、精をつける食べ物や葉酸の多いものを積極的に取り入れました。山芋、高野豆腐、ほうれん草、プルーンなど。サプリメントも取りましたが、1番は食事からと考えてしっかり食べました。

    ④その他
    験担ぎのものはできる限り取り入れました。こうのとりキティ、御守り、アーモンドミルク、冷えとり靴下、腹巻き…

    今振り返ると妊娠したくて情報をとにかく集めては試しを繰り返していましたが、必死な時には妊娠に至っていません。妊活に疲れ、主人に泣きついていた頃、主人にどこか旅行に行って気分転換でもしようと言われ、ふっと肩の荷がおりました。その時に妊娠がわかったのです。

    ぜひトピ主さんも情報に踊らされずにゆったりとした気持ちでゆるく妊活をされると良いと思います。

  29. がまこ より:

    子供がどうしても欲しいと思ったのが30代後半だったので出来ることはなんでもやってみて、ダメなら諦めようと思っていました。

    何度か流産を繰り返して心が折れそうになりました。

    そんなとき、駅前の薬店にある漢方の旗「不妊相談」が目に留まり
    思いきって相談に行きました。
    体質改善の漢方薬を処方していただき、飲み始めると3ヶ月目に妊娠が発覚し出産までたどり着くことができました。

    気を付けたのは体を冷やさないこととアルコールを取らないこと。寝不足にならないこと。
    妊娠すると決めた時から、夫と共に葉酸のサプリを取っていました。

    タイミングは排卵の二日前までらしいです。あまり気にしないように仲良くしていました。

  30. ピグモン より:

    テレビやネットでも言われるようにとにかく体をあたためました。冷え性もありましたが、体の中からも外からも温めてサプリやドリンクなども取り入れ基礎体温に排卵検査薬も買いました。

  31. 4s.i より:

    タイミングの他はとにかく体をひやさないこと。温活をしていました。よもぎパッドや足湯なども試していました。あとは旅行ついでに子授けで有名な神社にお参りに行ったり。でももうこのままでもいいかなと思っていた頃に妊娠しました

  32. みりんこ より:

    ストレス由来の不妊だったため、仕事を辞めて生理のリズムを作り
    排卵日検査薬を使用し、予想される前後三日間でチャレンジしました。今は一児の母です

  33. じゅりぃ より:

    昔から冷え性だったので、とにかく体を温めることを意識しました。
    白湯を飲む、夏でもお風呂に湯を張って入る、しょうがを料理に入れて作ってみる。
    毎日できない日もあったけど意識してやると、1年かかりましたが、子供を授かりました!

  34. kawara より:

    カフェインやアルコール摂取を控えて、葉酸のサプリを取っていました。
    基礎体温も測っていましたが、安定しなかったので排卵検査薬を使って排卵日を確認してタイミングを取るようにしていました。

  35. ねこた より:

    重度の冷え性だったため、生活全般を変えました。
    OLで1人暮らしの頃は添加物が多いコンビニ食などで済ませてしまうことが多かったのですが、結婚をしてからは自炊をするようになり、栄養がしっかりとれるものを心がけました。
    また、食物の中でも大豆成分があるものを必ず1食に取り入れたり、体を温める根菜などをできるだけ取り入れることにしました。
    アイスクリームなどは好きだったので、急に辞めるとストレスになってかえって良くないと思ったため、食べすぎることをしませんでした。お味噌汁(大豆成分入ってます)を飲むだけで違うと思います。あと、早寝早起き、毎日ではなくとも湯船に浸かることも冷え性改善に繋がったんだと思います。
    夜の食後に夫婦でルイボスティーを飲む時間を作りました。
    タイミングの取り方は、基礎体温の計測と、排卵検査薬を使用しました。夫にもタイミング時は協力してもらいました。

  36. ぽろろ より:

    食生活は特に気をつけてませんが、排卵検査薬を使ってタイミングをはかったり、冷えが良くないと聞いたので腹巻をしたりましていました。
    葉酸のサプリは妊活を始めてすぐに飲み始めましたよ。

  37. ゆきうさぎ より:

    とにかく、病院で排卵日を診てもらいました。基礎体温は、私は全くあてにならず、病院での排卵日予想とは全く違いました。基礎体温だけを信じず、病院で診てもらうのも良いと思います。また、食事には気を付けました。男の子がどうしても欲しかったので、夫にはお肉多目の生活をしてもらいました。

  38. えりぞう より:

    私はずばりストレスをためないことに気を付けました。仕事も家事もツラくなる前に誰かに話して少しでも自分の負担を減らすようにしました。しばらくすると生理周期も安定し、妊娠できました!今では3姉妹のママです。何事も深く考えすぎないようにしてくださいねっ。

  39. さより1001 より:

    体温調節と、願掛けです。
    なるべく、首とつく部位、
    首元、手首、足首を冷やさないこと。

    あとは、子宝祈願で有名な水天宮で子授けのお参りしてきました。

  40. おこげ より:

    食生活はバランスの取れた食事を心がけ、カフェインは絶対に摂取しないようにコーヒー等、飲み物にも気をつけました。
    タイミングは排卵予測アプリ等を使って2人で相談して行いました。
    参考になれば幸いです。

  41. いぶくんママ より:

    妊活とまでは言えないのかもしれませんが、とにかく身体を冷やさないようにしていました。大敵!だそうです。食生活はあまり気にしていなかったかも…。私はタバコは吸いませんが、主人が喫煙者なので、禁煙!とまではいかなかったけど、減らしてはいたかな。

  42. まつ0134 より:

    こんにちは、妊活してその後妊娠しました。
    実践したことは、

    コーヒーをやめてルイボスティーを飲むようにした。
    食事に魚を多めに取り入れた。
    婦人科で排卵促進剤を打ってもらい、タイミングを指導してもらった。
    ウォーキングを毎朝行った。

    です。

  43. みに より:

    タイミングの取り方はとても慎重でした。初めは自分で体温測定し排卵を見極め、排卵前後3日間していましたがなかなかできず…
    その後病院に通い排卵とエッチのベストタイミングを教えて頂きました。食生活も気をつけていましたが結局はタイミングが大事だと思いました。

  44. ミロ より:

    やはり基礎体温を毎日チェックしタイミングを取ることでしょうか。私は生理不順なのでなかなか難しかったですが。また生理アプリなども併用すると良いと思います。排卵日、生理予定日を予測してくれます。パートナーとしっかり話し合って協力し合うこともとても大事かなと思います!食事の面ではなるべく身体を冷やさないように、温かいor常温の飲み物を飲んでいました。生姜入りのスープが好きなのでよく飲んでいました。

  45. あかべえ より:

    私の場合信頼できる先生に出会ったのが大きいと思います。流れ作業的な先生で質問してもその答えすらないような病院に最初通っていましたが病院を変えるのも勇気がいるのでしばらく通っていました。思いきって別の病院に変わって体のことを真剣に考えてくれる先生に出会えたので信頼して言われる通りにしたら妊娠出来ました。私の場合は排卵が上手くいっていなくてもし一件目の病院の方法を続けていたら更に妊娠しにくかったようです。もし一件目で違和感を感じたりしたら気を使わずに転院してみるのも一つの選択だと思います。望まれる方のもとに赤ちゃんが無事に来るのを心から願っています。

  46. まりまり より:

    食事内容は気にしていませんでしたが、ネットで見た梅干しを食べたり、ノンカフェインを意識していました。あとは腹巻を着用していました。市販の排卵検査薬でタイミングを取っていました。排卵検査薬を使用してから2〜3ヶ月で妊娠になりました。

  47. なのぴー より:

    ストレスが1番良くないので、妊活中は、あまり気にしないことです。
    あと私は、鉄・葉酸が豊富に入っている小松菜やほうれん草・キウイ・いちじくを意識的に食べたり、タンポポ茶飲んでいました。
    体を冷やさないことも意識して、夏でも暖かいお風呂に入り、きちんと布団かぶっていましたよ。

  48. なのぴー より:

    ストレスが1番良くないので、妊活中は、ほっと出来る時間を作るよう気をつけていました。
    あと私は、鉄・葉酸が豊富に入っている小松菜やほうれん草・キウイ・いちじくを意識的に食べたり、タンポポ茶飲んでいました。
    体を冷やさないことも意識して、夏でも暖かいお風呂に入り、きちんと布団かぶっていましたよ。

  49. ai1111 より:

    気分転換です。一年ほど妊活しましたが、なかなかできなくて落ち込んでいたところ旦那が北海道旅行に連れていってくれました。

    ここ一年、産婦人科に通いつめて気が滅入っていたのですごくリフレッシュしました。

    また帰ってから頑張ろうと旦那と話をしていたところ、何と旅行中に赤ちゃんを授かりました。

    精神的な面で大きく影響するから、とお医者様に言われましたが、私はその言葉をあまり信じていませんでした。が、今なら信じられます。

    リフレッシュしながら、自分を追い込まない方がいいと思います。

  50. マイ より:

    6年前に二人目は不妊で妊活をした者です。産婦人科に通い、ホルモンを整える薬を飲みながら、タイミング方で頑張ってました。何度も失敗続きの時に、卵管造影剤を試し妊娠に成功しましたよ。

  51. ローズ より:

    とにかく体を温めることですね。そして、主人にボクサーブリーフをやめてトランクスにしてもらったり、漢方を飲んでもらいました。主さんだけが原因の不妊ですか?ご主人にも協力してもらえるところはしてもらいたいところですね。うちもたくさんもめて喧嘩もしましたが苦しい時期は越えました。

  52. ハナママ より:

    私もずっと恵まれず、毎月生理が来るたびにトイレでなく日々を過ごしていました。
    不安な気持ちを少しでも減らそうと、不妊外来に通って医師のアドバイスを受けてタイミング法を実践していました。その他は、ザクロの果実を食べてみたり 温かい飲み物を飲んだりしていましたが、最終的に一番良かったと思うのは 気持ち でした。知らないうちに自分を追い込んでいた気がします。いつか私を選んでくれる それまで気長にまってるよ と一種の諦めかもしれませんが、気持ちが軽くなりました。あまり自分を追い込まないでくださいね

  53. こはるびより より:

    一人目はすんなり妊娠したものの、なかなか二人目が出来ず悩んでいました。
    葉酸のサプリ、体を温める、基礎体温をつけるなど色々やっていましたが、やればやる程ストレスになっていたのも事実。
    あまり考えるとストレスになってしまうので、まあいいやと気楽に思えるようになったらすんなり妊娠できました。
    ストレス無く楽しく生活できるのが一番いいかもしれないですね!

  54. えりりんもんろー より:

    私が気をつけてたことは生卵やお寿司、生肉系などは一切口にしてなかったです。カフェインもとらないようにしてました。重たいもの持ったりもしなかったですね。普段はあまり動き過ぎない、眠たい時には寝るという生活してました。お腹を冷やさない。しっかりお風呂に浸かってあたたまる。臨月の正期産に入ると頻繁にお散歩いって体動かしてましたよ。

  55. なーちゃん より:

    カフェインを取らない、葉酸を多く取る、カルシウムを取る、葉酸、カルシウムはサプリ等で取るといいですよ。
    安定期まではなるべく安静が1番ですね。

  56. こうママ より:

    我が家は温活でした。基礎体温がもとから低くて、体を中から温めるように食べ物に気を使いました。
    あとは妊婦さんに会いまくっていました。
    妊娠菌もらいまくってました。
    私は妊婦さんに会うのがつらいって思う妊活タイプではなかったので…。

  57. みみみん より:

    マカの成分が受精卵の着床を助けると聞いたので、マカの成分が含まれたサプリを飲んでいました。
    ストレスを溜め込まないようにすることも大事だと思います。

  58. はるるん より:

    病院に通っていたので、薬をきちんと飲むそれだけです。
    意識しすぎたら余計に妊娠できなくって、なやんでの悪循環だったので、普段はあまり考えないように過ごしていました。意識しすぎたら旦那も負担だったみたいだし。
    うちは2人目で病院の先生から、妊娠出産はできることが分かっているから次ダメだったらステップアップしようかって言われて実際諦めようかっていわれて、諦めモードで本当に何も考えていない時に妊娠しましたよ。考えすぎないって大切だと思います。

  59. より:

    毎日欠かさず基礎体温をつけ、排卵日予測をし、かつ体を冷やさないように飲むものに気を付けていました。あまり食べ物にはきをつけませんでした。仕事も不規則なので予定の排卵日にできないことも多く、排卵日を中日に一週間をGWと呼んで旦那と励み、今子供がいます。

  60. tomo より:

    別の方も書いていましたが、とにかく体を温めるようにしました。レッグウォーマーで足首を温めたりしました。あと、体を冷やしてしまうトマトなどの夏野菜はできるだけ避け、ショウガなどを食べるようにしていました。

  61. kaniyc より:

    結婚して6年間、妊娠するまでありとあらゆるものを試しました。
    例をあげると、不妊外来の通院、人工授精6回、基礎体温、葉酸、夫婦ともにマカ、ごぼう茶、ホワイトストーン、待ち受けを木村さん、養命酒等々。
    まだあったと思いますが思い出せない程。
    それだけ「妊娠する事」執着していたんだと思います。
    もう全て思い切ってやめてみました。
    これもよく言われてますが、本当にこれが一番近道かも。
    上記に挙げたものが全部ストレス源だったんだなと改めて思いました。
    あと私の場合診察の際、子宮後屈と言われたのですが、子宮後屈の人は射精後うつ伏せに寝ると妊娠しやくすなると言われたのでその通りにしていたら2か月程で妊娠しました。
    逆に子宮後屈じゃない人はそのまま仰向けにした方がいいとの事です。

  62. あき より:

    効果があったのか分かりませんが、市販の漢方薬を飲んでいました。あとは、アプリで毎月の生理の記録をしっかりつけ、排卵のタイミングが分かるようにしていました。それと同時に基礎体温も測るようにし、ダブルで排卵のタイミングを見計らっていました。食生活は、三食しっかりバランスのよいものを食べることを心がけていました。

  63. tsuki より:

    とにかく冷えが良くないのだと思い、常に腹巻き、レッグウォーマーをして過ごしました。スーパー銭湯に通い、お風呂にゆっくり浸かったり岩盤浴を繰り返し、よもぎ蒸しサロンにも通いました。家でもシャワーだけだったのを毎日湯船に浸かるようにして、出来るだけ22時にはベッドに入るよう勤務時間も変えました。
    いいと言われているものを色々試してみて一番効果があったのではないかと思うのが、ファータイルストレッチです。
    これを始めて3か月ほどたった時に人工授精で妊娠することができました。
    やはり適度な運動は効果があるようです。

  64. コタマ より:

    とにかく体を冷やさないようにしたことと、眠気が一日中あったので寝れるときには横になっていました。あとは重たいものを持たないようにと、ストレスをためないように自分の好きな事に打ち込んでいました。家にずっといるより、外に出て少し散歩すると体重増加防止や気分転換にもなりました。

  65. キキ より:

    私は冷え性なので、当帰芍薬散という漢方を毎日飲んでいました。さらに基礎体温を毎日測って、表にしてだいたいの排卵日をわかりやすくしていました。毎月初日生理後の14日あたりで排卵していたので、その2.3日前から行為をして4カ月で妊娠することができました。

  66. テトラポット より:

    1番はストレスを溜めない事だと思います。そして妊活もあまり気を張らずに取り組んだ方がメンタル的にも楽です。私は激務の中で妊娠し無理してたら流産しました。それから妊活用のハーブティー飲んだり、食事も気をつけたりタイミングはかったりと妊活に集中しすぎたら今度はなかなか妊娠せず。そして気持ちにも余裕無かったです。あまり気にしないように基礎体温測りながら、なんとなくこの日かなぁと思う程度にして過ごしたら妊娠しました。

  67. ななな より:

    早寝早起きの健康的な生活と共に、やはり冷えは良くないということで、常温の飲み物、靴下を履く、腹巻をするなどをしていました。
    またストレスも軽減させようと思い、週末は体を動かしたり、自然の中にいくように気をつけました。

  68. さくら より:

    病院に不妊治療に行っていたので、けっこういろいろしました。
    体を温める
    ヨガ、ピラティス
    鍼、整体
    「まごわやさしい」の食生活
    葉酸を含むサプリメント
    高齢だったので、とにかく何でもやってようやくできた感じです。

  69. あおのり より:

    私は病院に通って不妊治療をしていましたが、まずは規則正しい生活をすること。バランスの良い食事 ストレスを溜めない だと思います。気持ちをゆったりと持って、焦らないことだと思います。

  70. ぴかこ より:

    ストレスをためないことが一番かと思いました。

    わたしも妊活にて四回ほど体外受精を行いましたが、全て失敗。
    一度おやすみしようと禁止していたお酒のんだり、旅行したりと好きに過ごしていたら見事自然妊娠しました。

  71. まるる より:

    偶然かもしれませんが、結婚して会社をやめたら授かりました。サービス業だったので時間帯も不規則でストレスも多かったため、それがなくなったからかなあと勝手に思っています。

  72. ぷぴ より:

    やはり体を冷やさないようにしていますね。最近は温度が上がったり下がったりと風邪を引きやすい時期なので特に気をつけています。
    温かい飲み物を飲んだり、腹巻きをしたりして出来るだけお腹を温めていました!
    後はストレスを貯め過ぎないようにすることも大切だと思うので、友人と遊んだりしてとにかく喋ってストレス解消していました!

  73. なってぃ より:

    健康に気を遣うようにして、身体の疲れを残さないようにしました。具体的にはちゃんと寝るようにしました。赤ちゃんはもう無理かな…と諦めかけていた頃にできました。焦るよりものんびりマイペースにしていた方がいいのかもしれませんね。

  74. ココット より:

    ストレスのない生活を心がけました。仕事がストレスなら、休業か退職をします。それくらい、妊娠にストレスは大敵です。一生のことですし、年齢的なこともあるので、私はストレスの元凶である仕事をすっぱりやめました。日々の生活に余裕ができて、楽しみを感じるくらいで良いと思います。今苦しい状態なら、子供を出産したらもっとしんどいです。できる限り楽しみを感じて、自分を甘やかしてあげて良いと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ