夫と注文住宅で家を建てるに当たって、意見が食い違い、悩んでいます。

クロスなど一つ決めるに、決断力のある夫は、ズバズバ決めていきます。

優柔不断な私は、決めたことに対して予算何万アップとか言われると、やっぱりやめようと提案しますが、決めたことを変更するなと怒られてしまいます。これから家族も増やしたいと思っているので、削れる所は削りたいし、ローンは夫が払いますが、家電などは私が払うので、納得がいきません。

20 Responses to “夫と注文住宅で家を建てるに当たって、意見が食い違い、悩んでいます。”

  1. バニラオイル より:

    大変ですね。私の所も同じ様な感じでした。間取りから扉1つまで本当に決める事が多すぎて、最後には疲れてもうコレでいいでしょ。みたいな事になりましたね。

  2. みーくん より:

    大きい買い物、色々噛み合わない点がでてきますよね うちも壁一つ、床一つで喧嘩しながら進めました。まずはそれぞれのお気に入りの場所、こだわりが詰まってる場所はお互い、詮索する事なく好きにしましょう。
    まずはお互いの意見を優先して気持ちよく進めていきながら、お互いの候補を出し合い、予算を考え消去法で消していくのはいかがでしょう
    噛み合わない時に話しても納得いかないので、時間が許すのであれば、後回しにしてお互いの意見があう場所から決めていくのはいかがでしょう 私も途中まとまらず面倒くさくなる事もありましたが、住めば都です。頑張ってステキなお家を完成させてください。

  3. m2t2 より:

    マイホームご購入おめでとうございます。
    コスト削減は重要です。
    いくらからいくらまでの範囲で考えた方がいいのでは?と初めに旦那様に伝えておくのはどうでしょう。
    一度決めてしまっても、一生の買い物なので、とことんこだわるべきだと思います。
    せめて、台所は奥様担当など、納得いけるまで旦那様と話し合えるといいですね。

  4. さち より:

    一生に一度の大きな買い物です。旦那さんと良く相談し、慎重に決めるべきだと思います。
    私も7年前に自宅を購入しましたが、あのときこうしておけば良かったなどの後悔が多々あります。正直高いから良いという訳でもありませんし、安いから悪いという訳でもありません。やはりお互いが納得したかどうかが一番だと思います。

  5. jenda より:

    あなたは堅実で思慮浅深いのですね。これから掛かるであろう出費を書き出してご主人に見せてみてはいかがですか?静かに話し合う事が大切です。

  6. くまさん より:

    私は、リフォームを経験しました。夫とは当然意見が合わずの部分もありましたがこれにしたい理由を話したり、決める部分の役割分担なども決めてお互いに意見が言えるようにしました。同じ家に住むのに片方の言い分だけ通るのは納得いかないですよね。お金の部分も理由を言えばわかってもらえるかもしれません。自分の意見も聞いてほしいとお願いしてみてはどうでしょうか。

  7. ちはちは より:

    私も優柔不断で気持ちよく分かります。
    決断力も大事ですが、予算も大事だと思います。譲れないところはそれで通し、削れるところは削るというのは基本だと私は思います。
    ご主人がローンを支払われるとはいえ、お二人で住まれる家ですからね。お二人の希望に近い家になるといいですね。

  8. yuu より:

    家は一生残る財産です。
    お互い悔いの残らないように造り、一生懸命働いてローンを返していくしかないと思います。
    妥協は後々の不幸の原因になりますよ。

  9. うきよ金魚 より:

    我が家も注文住宅ですが、クロスは何年か経てば貼り直します。家族を増やしたとお考えならさほど高いクロスは、必要ないと思います。子供が産まれれば、ベタベタの手であっちこっち触りまくりますし、クロスに飲み物をぶちまけてくれたりします。そのたび怒るよりひきつりながらも笑っていられる方が精神的に楽ですよ。生活していれば壁を削ってしまったり、物を落としてフローリングを凹ませたり物の角でクロスを切ってしまったりするものです。その為にリフォームがあるのですから、始めから高級志向にならない方が長いローン返済、学費、予期せぬ出費等、色々ありますからね、ほどほどが良いと思います。頑張って下さい。

  10. まりまり より:

    うちも現在注文住宅建設中です。やはりお互い主張するところがあり、どちらかが譲り合いながらやってます。
    クロスや照明をどちらかが主導権で決めたら、次はこっちが決めるとか譲り合えたらいいですが…

  11. いやいや より:

    皆さん、家は一生ものと考えますがそうでしょうか?年月とともに家族構成が変わっていきます。自分のこだわりたい部分だけは主張して後はご主人の決断にまかせ、後々不都合が出てきたとき立場が優位になるのではないでしょうか。(笑い)

  12. こたママ より:

    不動産業をしているのでこのような内容で喧嘩になっているご夫婦をよくお見かけ致します…
    あまり揉めないご夫婦との違いとしてはやはり決断力のあるどちらか(質問者様の場合は旦那様でしょうか)が、根拠のある決断をすることが大事だと思います。
    クロス一つにしてもなぜこのクロスなのか、地域柄の気候や、いつもの習慣など、しっかりと話し合って納得することが大切だと思います。決断が早いからと言ってあとで後悔しても遅いので、お互いの主張についてプレゼンしあうことが大事かと思います。
    一生の買い物になりますのでどうか納得して良いものになるよう祈っております。

  13. パナパネ より:

    注文住宅、素敵ですね。
    旦那様は、一生の買い物になるので、真剣に考えてらっしゃるのだと思いますよ。奥様から、何年かした後に、「やっぱり〇〇を付けてもらっておけば良かったわ」なんて言われたく無いし、旦那様も思いたく無いからだと思いますよ。新築プランを立てる事を機に、お互いのコミュニケーション方法を見直すことも良いかもしれませんよ。

  14. ふるり より:

    うちは、逆に主人が悩みがちなので、決断力があるご主人は羨ましい気もします(笑)
    この部分だけは私に決めさせて、ほかは任せるから、とか言って、ご自身が譲れない部分だけ決定権を分けてもらって、あとはご主人に任せてはいかがでしょう。

  15. こめこめ より:

    我が家も家の向きで揉めました。常識的に、土地に対して平行に建てるべきだという夫と、日当たりをよくするためにななめになってしまうけれど、南向きにしたいというわたし。営業さんや設計さんも巻き込んであーじゃないこーじゃないと繰り返し。結局、「夫は仕事でほとんど家にはいない。家にいるのはわたしとこどもたちだ!」と主張して勝ち取りました。結果大正解!一日中日が当たってとても気持ちがいいです。夫もこうしてよかったと納得してくれています。モヤモヤしたまま建てると、必ず家に対する不満が出てくると思います。ご主人を説得できるよう頑張ってください!

  16. とまと より:

    家を建てるのは、夫婦にとっては、本当に一大事ですよね。私達もそうでした。人生の中での一大行事でした。お子さんがこれからという事でしたら、壁紙とか床とかあまり高価なものにされない事をお勧めします。どうしても傷つけたり落書きしたりしてしまいますから。お子さんが成長して家を出られると、今度はリフォームが待っています。その時こそ、ご夫婦の本当に好きな家が出来上がるのではないでしょうか。そういう視点でお話し合いをされてみたらいかがでしょうか。

  17. rasco より:

    あまり柔軟性のない旦那さんなのでしょうか?
    決断力がある、と言えば聞こえは良いですが、、、

    旦那さんだけでなく、あなたも住むお家を建てているのですから意見を言うのは良いと思いますよ。
    私の姉夫婦は設計時に旦那さんが独断で決めてしまい後々大モメ、その結果姉は子供たちを連れて離婚。なんてこともありました。
    その家で生活していくのは旦那さんだけではありません。あなたや将来的にはお子さんも住むのです。堂々と意見を言って話し合うことをオススメします。

    ただ旦那さんの性格を考えて、言い回しを変えたり旦那さんをたてるような言い方などをされると良好な話し合いが出来そうな気はします。
    大変だと思いますが、頑張ってください!

  18. トリトリ より:

    私も二年前に注文住宅を建てました。私はあまりこだわりなく夫が決めた部分が多かったのですが、お互いが納得しないとのちのち家の不満が相手への不満になりそうだったので、決定部分でも気になるところがあれば話し合いました。どうしても譲れない点を明確に、理由もしっかりしていれば旦那さんも耳を傾けるのではないでしょうか?ご夫婦の満足のいく家ができるといいですね。

  19. あん より:

    はじめまして。

    私も家を購入するさい、もめました。
    お互い意見をゆずらなくてカーテン一枚で2時間もめました。
    結果、私がおれました、、。

    一生もののお買い物なのでお互い納得いくようにが一番ですが、一歩ひいてあげるのも優しさかもしれません。。

    素敵なお家をたててくださいね。

  20. なまさ より:

    私の友達も揉めに揉めていました。家の話になると喧嘩になるからあんまり顔を合わせたくない!と当時はいっていました。でも何回か打ち合わせを重ねるうちに期日もあった事からまとめるしかなくなり勢いで決めた部分も少なからずあるようですよ。子供の事も考えると不安だとは思いますが、子供の事は子供が出来てから考えても良いかとは思います。

コメントを残す

このページの先頭へ