再就職の厳しさを知らされました。

体調を崩して仕事を辞めましたが、履歴書を送っても、書類審査で落ちてしまい、世間は人手不足って言っていたのに、やっぱり若くないとダメなの?!って思ってしまいます。

23 Responses to “再就職の厳しさを知らされました。”

  1. Anemone より:

    わかります!私も同じです。特に事務系は厳しいですよね。
    でも今後歳を重ねていくと、と考えるとショップスタッフ等よりバックオフィスの方が・・・と思ってしまいます。
    会社の将来性もありますが・・・

    私の場合、もうとにかく気になった所に応募しまくってます。
    転職サイトも複数利用して選択肢を広げています。

  2. サン より:

    確かにそうですね、分かります。企業は人手不足とは言え、若い子を優先に欲しがりますよね。経験豊富な方の方が即戦力になると思うのですがね。
    でも負けないで、ピーアールポイントを幾つか考えて履歴書や職務経歴書に書かれると良いと思います。
    仕事以外でも、大らかで、誰とでも直ぐに打ちとけられる、等。

  3. あづあづ より:

    人材の会社で働いていた経験があります。書類選考の通過率は3割程度です。人手不足とはいっても、企業は人手不足だからこそ、目線が高くなっており、採用基準は上がっています。若くないとNGというより、年齢バランス的に若い人ではなくベテラン要因を欲している企業もありますので、あきらめずに興味のある会社は積極的に応募されることをお勧めします。

  4. きんちゃく より:

    うちの母は55歳で再就職しました。
    母の前任の方は80歳で引退したそうです。
    商工会みたいな、年齢層が上の人が多いところだとそういうこともあるので狙ってみてはいかがでしょう?
    頑張れー!

  5. ことちゃん より:

    事務職で仕事を探していますか?もし事務職であれば、、今有効求人倍率は1.6とかでしたが、事務職の有効求人倍率は確か0.3以下です。若くても、経験豊富でも関係なく厳しい。1名の採用に対して50人とか応募がくるのが現状だそうです。私の友人も、50社以上応募してやっと1社内定をいただいたそうです。簡素な応募書類になっていませんか?写真は明るそうに写ってますか?50人~100人の応募者の中で、キラリと光る履歴書になるよう、やる気やスキルをもっとアピールできるようにしてみては?また必須ではなくても会社ごとに志望動機書をつけるなどしてみては?そのくらいやっている人もいるようです!経験豊富ということを評価いただけるはずです!諦めず、頑張ってください!!

  6. 北風 より:

    選ばなければ、いくらでもある!っと言われますが、なかなか厳しい現状ですよね。
    自分に合った仕事に出会うために、派遣に登録して探すっというのはどうでしょうか?

  7. めるし~ より:

    私も30歳ちょっと過ぎで正社員で勤めていた会社が倒産して、正社員の就職先をどこも断られてしまって契約社員で繋いでいる状態です。
    ある会社で、面接の方の感触が悪く、その場で何でダメなのか、どういう人材を求めているのか聞いたところ、中小で人が少ないところは余剰戦力の保持が難しいのでライフイベントですぐにお休みしそうな年齢の方は…。と言われました。結果も雇ってもらえませんでした。

  8. ゆーり より:

    若さって、仕事において本当に武器になりますよね。そこは素直に認めざるをえないです。
    だけど、アラフォーから再就職をして活躍してる人も多々いることは事実です。
    希望している就職先のカラーや方針に左右されてくるものだと思います。
    若さの魅力を認めつつ、それにとらわれず自分を必要としてくれる場所を探すことも1つの手ではないでしょうか。

  9. けいちゃん より:

    なかなか採用されないと、自分を否定されたようで落ち込みますよね…わたしもそうでした。
    ハローワークの方に相談すると、自分の生活やスキルにあったものを紹介してくれるかと思います。
    早く良い結果が出ますように!

  10. papepo より:

    自分の希望する職種には、
    雇用側が希望する人物像もありますしね・・・。
    人材不足といえども誰でも取ってくれるのは、居酒屋か介護ぐらいですかね

  11. りい より:

    再就職の辛さとても分かります。
    最初に勤めた会社がブラック企業でパワハラ、セクハラ、サービス残業が当たり前で半年で辞めました。今は別の仕事で7年経ちます。人材採用のほうにまわっているのですが、履歴書で見る部分として資格や技能を見ます。今やりたいことが見つかっていないのであればハローワークや通信講座などで資格を取得するのもいいと思います。さらに職歴を見るのですが仕事をしていない期間が空けば空くほど何をしていたか聞かれると思うのでアルバイトや派遣などで期間が空かないようにしてください。
    少しでも早く就職をしたいと思うのであれば書類選考が第一次だと倍率が高く紙面上で分かる範囲でどんどん振り落されてしますので、一次から来社して面接を受ける形をとっている会社が通りやすいと思います。そういった企業は雰囲気などを大切にしているところも多いので自分らしさをしっかりだしてください。応援しています!

  12. こばこば より:

    私も現在、求職中の52歳です。 特技も資格もないというアピールポイントの無さをひしひしと感じています。 しかし、辞めてしまった以上見つけるしかありません。ネットでの内職みたいなのも始めましたし、ハローワークにも通っています。求人は多いと思います。ただ、こちらから選んでも相手側が選んでくれないとどうしようもありませんから、一つずつの応募ではなく出来そうな仕事に次々応募したらどうですか?そしたら一つ落ちたからと言って落ち込んでる暇がないかもしれません。これからまだまだ先が長いのですから、楽しみを見つけながらそれを支えに頑張りましょう。暗い顔していてはだめです。まだまだやれますよ!
    あ、その前に体調をきちんと元に戻してからです!!

  13. koiKe27 より:

    身近に人事に関わっているなど、アドバイスしてくれそうな人はいないでしょうか?
    年齢のせいというのは、あなたの思い込みで、もしかしたら履歴書に改善すべき点があるかもしれませんよ。
    身近にいなければ、親身になってくれる転職エージェントに変えてみるなど、相談できる相手を見つければ自身にも繋がると思います。

  14. 左手 より:

    私も最近まで就職活動をしていました。なかなか決まらず、ハローワークに行っても焦りだけが増すばかりでした。
    ですが、体調が良くなる時期を待って、その間はカラダを元気にする事を考えていました。
    今は再就職先も決まり、体調も回復しつつあります。

    今考えると、あの時期はカラダと心にリセットを掛ける必要な期間だと思っています。

    焦らず粘って自分の条件の合う仕事を探してみてください。

  15. コロン より:

    就活頑張っていらっしゃるのですね。
    履歴書・職務経歴書の書き方をハローワークなどで指導してもらったり、年齢で落とされるのであれば、年齢層の高そうな会社に応募してみるのもいいかもしれません。

  16. あっこ より:

    私も決して若くないのですが転職に挑戦中です。
    私が使ったのは履歴書と職務経歴書をハローワークで見てもらいました。担当の方にかなり細かくチェックしてもらったのと、自分は思いつかなかった経歴内容まで記載してよいことが分かりました。

    自分だけで頑張らずに、頼れるプロを頼るのも一つの手だとおもいます!
    お互いにがんばりましょう。

  17. sasuraidori より:

    自分も同じような状態だったのですごく滅入る気持ちが分かります。
    でも、めげずに職探しをするしかないんです。可能性があるものは片っ端から何でも応募しました。
    職業訓練校に通って資格とかとるのも良いのではないでしょうか?

  18. choco より:

    以前務めていた会社で採用窓口として携わらせて頂いておりました。履歴書ほただの経歴書と思われる方が多いと思いますが、履歴書を見て面接に進むか判断するため、言わば履歴書=顔!!面接前の第一印象!!だと思います。字が綺麗汚いではなく丁寧に書かれているか・送られてきた封筒の宛名書きなどから社会人としてのビジネススキルの常識がある方なのかをまず判断します。字が丁寧に書かれてい=誠実な人かもしれない。真面目な人かもしれない。弊社への入社意欲がそれどけ高いのかもしれない…などなどプラスに捉えられることが多いと思います。
    また、雇用機会均等法などの法律があるため企業の求人項目には「年齢・性別不問」「未経験者歓迎」などとうたってはいますが、実際のところ入社してから専門的な知識が求められる職種に関しては、20代ならまだ未経験でも育成の見込みはあるだろう。と判断されて面接に進むことはありますが、中々厳しいのが現状だと思います。

  19. ふくふく より:

    どんなところに応募されているかは分かりませんが、手当たり次第に送っていませんか?応募先に対してどうしたいのか伝えられていますか?
    長い間続けられるかどうか企業は見ているかもしれません。年齢だけを見て採用を決める所は少ないかもしれませんが、体調が一番だと思います。ご自身の体調に不安があるのなら無理のない仕事先に応募されるといいと思います。

  20. ゆる より:

    私も書類審査で何度も落ちました。その度に「中卒だから」「資格がないから」と、審査に落ちる理由ばかり数えていましたが、いま現在は色んな仕事をして、元気に働いています!世の中にある仕事の最新情報を山盛り集めるところから始めました。すると10年前、20年前では専門性が高く、限られた人にしか出来なかった分野の仕事でも、一般化している現在の世界が見えてきたのです。
    ありとあらゆる沢山の情報を集めて、自分のやりたい事が見つかったら、あとは行動するのみです。

  21. 銀持 より:

    転職回数7回ですが、人手不足だと思います。まずは、自分のスキルや経験に合ったお仕事なのか、きちんと見極めが必要かと思います。そのうえでの自己PRです。企業はきちんと志望動機まで見ています。書類はくまなく見られているのだという意識を持ち、企業に合わせて手書きにしてみたり、PC作成にしてみたりとできる工夫や方法は限りなくあります。面接までの第一歩をどれだけ大きく踏み出せるかが書類審査です。他の人から頭一つ抜きん出るつもりで書類作成も取り組んでみてはいかがでしょうか。

  22. glass noir より:

    企業が求めるのって結局若い人の力なんでしょうね。(若手の)人手不足みたいな。若い人でも長時間労働など激務を求められて、ゆとりは自分のしたいことをしよう見つけようって教育されてるのでそんなんで就職なんてやりたいわけないのに。

  23. himawari より:

    再就職の難しさを実感されているのですね。
    私も仕事を辞めて、再就職のに時間がかかりました。
    最後は、派遣に登録をして、そこから仕事をしています。
    今は、派遣から社員登用もあるので一度検討してみてください。
    若くないからこと、率先力として雇われることもあると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ