体が常にだるいです

体が常にだるいです。
立ち上がるとめまいやふらつきを感じたり、何かしようと思ってもやる気が起こらなかったり。
一回やり出すとスイッチが切り替わったように没頭するのですが、なかなかスイッチが入りません。
また虚しい気持ちになったり、涙が出たりします。

10 Responses to “体が常にだるいです”

  1. サヒボ より:

    私もよくめまいを起こします。そうゆう時は生活習慣が狂っていたり食事の内容が不健康なものだったり、またストレスを感じている事が重なっている時によくなります。なのでリフレッシュが一番大切なのではと思います。まずは、楽しいと思うこと探す事から始めて下さい。気持ちから変わると思います。

  2. やしのみのみ より:

    わかります、梅雨に入る前から常に身体がだるいんですよね。休日はぼんやりとしてスマホをいじっていたら日が暮れているのでとても悲しい気持ちになります。お互いに頑張りましょうね。

  3. nunn より:

    きっと投稿者様は毎日頑張っているのでしょうね
    それはうつ病の症状ではないでしょうか
    無理せず、心療内科で一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか
    そしてカウンセリングを受けたあとは、ゆっくり休んでください
    何もしたくない時は、何もしなくていいと思います

  4. タカキヨ より:

    私も毎日調子がよくありません。常に疲労と抱き合わせな感覚です。やる気も起きず、最低限の家事をする以外、ぐったりと日を過ごすこともしばしばでした。
    ご相談者様は医療機関に相談されましたか?
    内科的なトラブルかもしれませんが、精神性のトラブルの可能性もあります。
    私は精神性の障害で、躁うつ病です。定期的に精神科に通院し、服薬によって症状を軽くしています。
    ご相談者様の場合、もしかしたらうつ病ということもあるかもしれません。どちらにせよ、まずは医療機関にご相談されることをお勧めします。

  5. rin より:

    私も常にだるいです。
    しばらくの間、仕事にも行けず、引きこもってました。
    そんな時は、無理せずボーっとしていいと思いますよ。
    身体が休みなさいって言ってるのだと思って、
    ゆっくりリラックスして下さいね。

  6. ヴェロ より:

    同じような症状がありました。
    更に、かなり酷いドライアイになって目を開けていることがとても辛く、口元の力を全く抜くことが出来なくなったり、肌の痒み、午前中の吐き気(実際に吐いてました)、胃の不快感、脚の脱力で歩行は出来るが力が入らない日があったりとで、カラダの調子で仕事に差し支えが出てきました。

    自己嫌悪してしまいますよね…。

    元々、かなりの不眠症で
    メンタルクリニックに通っていた時に紙に、自覚症状があることを全て記入して相談したところ「自律神経失調症」と「軽度のうつ病」と診断されました。

    処方された薬を飲んでかなり軽減されました。毎日頑張れています。

    メンタルクリニックには抵抗がある方が多いとは思いますが、このまま我慢して余計にストレスを感じて爆発するよりは、お薬でコントロールするのも社会人として上手くやって行く方法だと思います。

    思い切ってメンタルクリニックのカウンセリングからでも受けてもらってはいかがでしょうか?

  7. かな より:

    お気持ちよくわかります、私も以前同じような経験がありました。漢方クリニックで漢方を処方してもらってから血流が良くなってきたみたいで、体が元気になってきて自然と体が動くようになりましたよ。気分の落ち込みにも効果がありました。体質によって効く漢方の種類が違うようですので、一度お医者さんに相談してみたらいかがでしょうか。

  8. ヴェロ より:

    私も同じような症状があり、他にもカラダに異変が起きて仕事に支障がでてきたのでメンタルクリニックを受診したら自律神経失調症と診断されました。
    今は薬を飲んでいますがかなり軽減されて楽になりました。
    メンタルクリニックの受診をオススメします。

  9. なーさん より:

    そこまで深く考える必要はないと思います。一度、好きな音楽を聴いたり映画を観たりしてみてはいかがですか?すぐ動かすよう努力するのでなく、気分を晴らしてからゆっくり立ち上がっていく方がいいと思います。

  10. まさ より:

    私も同じような症状で悩んでいました。
    気分転換に運動をしてみたり、自分の趣味の時間を楽しむようにしてなんとかのりきりました。
    ビタミンを摂取を心がけてみるのもいいかもしれませんよ。

コメントを残す

このページの先頭へ