みなさんは、子育て後のご自身の将来をどのようにお考えでしょうか。

自分の将来のやりたいことについて相談です。

15歳、6歳、4歳の子供を持つシングルマザー43歳です。
夫に他界され、社会人入学で勉強し始めた理学療法士の専門学校を退学しました。がんばれば通えないこともないのですが、思春期の長男、まだまだ手のかかる下の子達のことを思うと、まずはしっかり長男を高校、大学へと行かせる環境基盤が大事だと思って。

それでも、夜にふと、子供達が大きくなってから、私は後悔しないかな、と考えます。(あの時やめなければよかったなー)と思うだろうな、50歳過ぎてからでも学校通うかな、とか。
テレビなどでリハビリテーションが必要な患者さんを見ると、心が苦しくなります。

みなさんは、子育て後のご自身の将来をどのようにお考えでしょうか。

34 Responses to “みなさんは、子育て後のご自身の将来をどのようにお考えでしょうか。”

  1. あみこ より:

    私は実家の金銭的理由で学歴コンプレックスを持っています。
    主人と一緒に、海外の大学に行きたいね、と話しています。
    リタイア後の話しですが。

    身体は歳を取ります。理学療法士をその時出来るかはわかりません。でも、その時に出来るやりたいことのために今はがんばる、でも良いのではないでしょうか?
    またリハビリ以外でもたくさん人を支えられるお仕事はあるので、その時考えてみても遅くないとおもいます!

  2. ノエル より:

    主人とは、リタイア後には別荘を持ち自然なところで生活したいと話しているため、そのための貯金が趣味になりつつあります。ただ、理想というか予定っていうだけなので、もし違うことになってもきっとまったりと生活できる暮らしを選ぶと思います

  3. A&R より:

    割と早く出産したので子供たちが独り立ちしたらどうしようかなと考えますが、20代半ばから子育てして子育て以外の楽しみを満喫できなかったなと思うので、あれもしたいこれもしたいなと考えてしまいます。
    心残りでしたら、その時の気持ちと状況でやりたい事をやられてみてはいかがでしょうか。

  4. シャインマスカット より:

    今は、3人の子供さんとの日々が大変だと思います。
    私は、是非学校行って欲しいです。
    子は親の背中を見て成長するものです。
    きちんと話し、家族で乗り越えてほしいです。
    必ず理解してもらえると思います。

  5. いあら より:

    私はバツイチで2人の娘は社会人になりました。
    でも、65歳までは働くつもりです。
    そして、その後はシルバー派遣でもしながら余暇を楽しみたいと思い、今から好きな映画や舞台、ライブ映像をせっせと録画しております。
    もしかしたら、子供さん達がご結婚されてお孫さんが出来れば、子育てのお手伝いを頼まれるかもしれませんね。
    ご自分の趣味を持ちながら、老後の楽しみを見つけられたら、資格は無くとも充分に充実した人生を送れるのではないでしょうか。

  6. みずな789 より:

    お子さんのことを考えて専門学校退学を決断されたこと、偉いと思います。
    私も仕事ではないですが趣味関係でやりたいことがあります。無理したらできないわけではないですが、今後の子供の教育資金を考えると、やはりそれなりの蓄えをしていく必要があります。
    長い人生、始めるのに遅いということはないはず。将来子育てに落ち着かれたら、やりたいことをその時に再度お考えになったらどうでしょうか?希望を持ち続けて頑張ってください。

  7. nana より:

    私は子育て中で、生活が子供たち中心になるほど小さいのですが、仕事に対しての夢が昔からあって、それに向けて細々と資格取得に向けて勉強しています。。何か目標を作れば、この先手が離れてから動きやすいかと思われます(^^)

  8. ayakoako より:

    子育て後は、夫婦で田舎に住みのんびりできたらいいなーと思っています。
    先のことすぎてあんまり、現実的ではないですが、、。
    子育てが落ち着いたら、夫婦二人の時間を大切にできたらいいなと思います。

  9. あおこ より:

    私たち夫婦としての理想は故郷の田舎に一軒家を建ててのんびり過ごしたいなと思っています。
    子供、孫も呼べる自慢の家にしたいので、その為の積立も頑張っています。
    質問者様がどのような結論を出そうとも、お子様たちはきっと分かってくれると思いますよ^^

  10. ち~ちゃん より:

    学校へ通えなくもないのなら、是非通ってほしいです!!
    後悔するかも、なんて思うなら尚更。後悔しますよ!!
    子供達は、頑張っているお母さんを見て育てば、素敵な大人に成長します。
    子供達には真剣に気持ちを伝えれば、必ず協力してくれるはず!!
    頑張ってください!!

  11. みな より:

    まだ小さいお子さんを抱えて今の生活も大変忙しいのに将来のことまでほんとに尊敬します。私にも男の子が1人いますが、男の子だし将来的にはお嫁さんのものになってしまうでしょうからアテにしない生き方をしようと考えています。今は近くでパートをしていますがこのまま定年までここにいるのかなと考えることがあります。ずっと仕事はしていたいのでより良い職場に移るなら40歳くらいまでかなと思って私も模索中です。その時々にできる最良の選択ができるように今できることから始めようと思います。一緒に頑張りましょう!

  12. かおる より:

    わたしの子供には、働ける年齢になったら、自己責任で、自由に意思を育んでほしいと思ってます。
    なので、親の面倒とかを一人で担わせないように、自分が自立して安心させないとと考えてます。

  13. ぴいこ より:

    私も子どもが中学3年を筆頭に3人いまして、今は子育てで毎日忙しく過ぎてしまいますが、ふっと夜のシーンとした時に、子どもが巣立ったら、私って何しよう…なんて思うことがありました。今はお金がない子どもにかかります。自分には使えないな、とも思っています。そこで私が考えたのは、保育士です。通信教育出今では資格取れます。通学することもありません。子どもが巣立ったら、今度は自分の育児経験を生かして、若いママ達に何かアドバイスできれば、と思って今 私は、資格取得中です。まだまだ先は長いです。楽しめるような人生にしていきましょう。

  14. みさみさ より:

    できる限り働き続けて、出来る範囲で旅行に行ったり健康的な体づくりにつとめたいと思っています。
    これといって日常的にできる趣味などないので、寂しい老後にならないように…色々考えますよね。

  15. ややた より:

    こんにちは。

    私は26歳ですが、
    2年前にできちゃった婚で
    結婚をしました。
    私はお金を貯めて周りの友達より
    遅めの23歳から専門学校に
    通い始めましたが、
    妊娠をしたため途中で辞めました。
    とても後悔しています。
    今は子どもが可愛くて
    子育てを楽しくできていますが
    ふとやりたかった事を
    思い出しては悲しくなります。
    いつか、子育てが落ち着いたら
    絶対に夢を追うつもりです。
    一度きりの人生、後悔したくないからです。
    年齢のことは気にせず
    質問者さんも新しいことに
    挑戦するべきだと思います。
    私の母もシングルマザーで
    今年50歳ですが、
    転職して新しい仕事を始めました。
    最初は慣れないことに疲れていた
    ようですが、
    今はとても楽しそうです。

  16. コズ より:

    私は老後は、旦那様と、ツーリングや、車の改造、旅行ばかりしてたいです。
    今は、子沢山で子育て真っ最中ですが、
    将来は、2人でまったり、時間にとらわれることなく過ごしたいですね。

  17. ちゃん より:

    主さんのようにまだ大きな子どもがいないため、理想でしかありませんが・・
    子どもが自立した後はパートをしながらのんびりと暮らしていけたらな、と思っています。
    孫を見れたら幸せだなとも。

  18. 七夜月 より:

    若くして結婚したけどシングルになり 現在40代で二人の孫がいます
    時々遊びに来る孫と遊ぶのが楽しみになっています 私自身身体が弱いので今は仕事が出来ませんが 身体が今より動くようになったら内職をして お金を貯めながらパートナーと色んな所に旅行してみたいなとも思っています

  19. シャンシャン より:

    私は子供が大きくなってからじゃないとできないことがありました。子供が大きくなってから一緒にライブに行っています。一緒に楽しめることを探してみるのも楽しいですよ。全国各地に旅行がてらライブを楽しんでいます。子供が大きくなったので、なんでも私がしなくても予約しておいてくれたり助かっています。共通の趣味を持って楽しむのも将来楽しいですよ。

  20. なお より:

    子供の手が離れたら時間関係なく働きに出て、
    自分の趣味に時間とお金を使いたいなぁと思います。
    主人は畑仕事をしたいなぁと話しています。

  21. ksm より:

    行動力、決断力がすごいですね!
    私は自営業のため生涯現役で仕事を続けるつもりでしたが経営がうまくいかなくなり、介護の資格をとりました。介護なら人のお役にたて、元気な限り働き続けられますし、学歴不要、資格を取れば手当もつくので思いきって始めました。
    今は自営との両立で大変ですが長い目でみたらよかったと思っています。

  22. ちゅけ より:

    子供が現在小4と中2です。今は専業主婦ですが、下の子が中学生になったら、ばりばり働いて老後の資金を貯めたいと思っています。主人と旅行もしたいし、余裕のある晩年をおくりたいからです。そのために現在は資格取得を目指して勉強しています。

  23. プリン大福 より:

    私は犬と猫を飼ってゆっくり過ごしたいです。
    また主人といろんなところへ旅行に行き、日本制覇したいと思ってます。

  24. もやし より:

    4歳の子がいると、学校は考えづらいですよね。
    子供のことを考えて偉いと思います。

    私は、子供が大きくなって手が離れてきたらその時に興味を持った資格に挑戦したいなと思っています。

  25. るーる より:

    私は主人の仕事の関係で、海外に在中しています。子供がはこちらの学校へ通っています。子供はいわゆるハーフですので、2つの国籍を持ちますが、やはり産まれ育った土地での生活を続けていくだろうと思っています。そのため、子供が成長し自立した後は、主人と私は日本へ帰り、私の産まれ育った地元でのんびりと暮らしたいと考えております。

  26. nono より:

    現在4歳と2歳の子供の子育ての真っ最中です
    10年以上介護の仕事に携わり現在では介護支援専門員として施設管理者をしています。仕事と子育ての両立は大変ですが、子育てが終わったら介護事業所を開設したいと考えています。なので今は大変ですが沢山の経験を積んで独立資金を貯めて行きたいと考えています。

  27. omoti87 より:

    主人は、自営業で私は別の仕事をしています。私も個人事業主です。仕事は死ぬまでうまく続けられればいいと考えています。主人とは、旅行に行ったり同じ楽しみを持つようにこころがけています。子供達も成人を過ぎてそれぞれの人生を考えて始まったので、自分のことを考え始まったところです。

  28. じゃっく@一児のママ より:

    やろうと思えば、年齢を重ねてからでもやりたいことはできるのかな、と思います。
    高齢だから…と自分から諦めないで、やりたいことをやりたいなと私は思います。
    子どもたちが自立したらやりたいことを明確に決めておくと、心に余裕が持てる気がします!

  29. sumi より:

    やりたいことがあるんですね。素敵なことですね。今はまだ出来ないとしても子育て後、50歳からでも良いじゃないですか。ぜひやりたいことに向かって進んでください。1度きりの人生。後悔しないように頑張ってください。

  30. みみ より:

    私もまだ3歳の息子がいるので、自分の将来の為にというよりは、今は子供を無事社会人になるまで育てなければという思いの方が強いです。
    でも、自分の将来の為にやるべき事も大事だと思います。

  31. はるぴっぴ より:

    私は交際期間0日でデキ婚しました。
    子供が大学を卒業したら離婚しようと考えています。
    その後は1人でほそぼそと生活していきたいと思っています。
    順調にいけばあと22年ですが…

  32. まつまつ より:

    10歳、0歳の娘がいます。
    子育てが終わるまでまだまだ先は長いですが育児や家事の合間に中国語の勉強をしています。
    住んでいる場所が観光地で海外からの観光客も多く語学力を活かした仕事、またボランティアでもやれたらなと思ってます。
    また長女は将来飲食店を開くのが夢の1つでもあるので、それを手伝えたら楽しいだろうなーっとも思ってます。

  33. みゆかなたまま より:

    まだ2歳と0歳の子供がいますが旦那とは将来子供たちが社会人になったら海外に行きたいねと話しています。
    まだまだ先の話ではありますがそれを楽しみに今は過ごしています。

  34. ミュー2 より:

    子育て、おひとりでがんばってきましたね。
    お子さんたちはお母さんの頑張ってきた生き方や生きていく姿勢をみてきています。

    私自身も同じように子育てに専念して自分のことは後回しに来てきましたが 今は
    「お母さんが幸せになってほしい」とよく言われるようになりました。

    お子さんたちが自立したら、自分の人生を楽しむ時間を持っていき 笑顔になることがお子さんたちも笑顔になっていくものではないかなと感じます。

コメントを残す

このページの先頭へ